普通科ベーシック

学びの特徴

将来へ向けて、やりたい職業を探したり、
自分の得意分野に進学するためにも基礎学力を身に付けることは重要です。
そこで普通科1年次は「ベーシック」のカリキュラムによって学習の基礎固めを行い、
2年次からの「セレクト」「プログラム」へ段階的に
つなげていくための科目が用意されているのが特徴です。

1 学習の基礎固め

希望の進路に進むためには、基礎となる学力が必要です。入学後4~6月に集中して各科目の学び直しを行い、理解の定着を図ります。

学習の基礎固め

2 段階的な進路選択

生徒一人一人が納得したセレクト・プログラムの選択ができるよう、1年次の12月まで、担任による個別面談を年3回以上実施する他、適時、相談に応じます。12月の最終決定まで進路変更は何度でも可能です。

段階的な進路選択

カリキュラム

1週間に6時間授業が3回、7時間授業が2回行われます。
放課後の活動と両立しながら、
32単位が習得できるカリキュラムです。

1年次(合計32単位)

1年次(合計32単位)

※カリキュラムは予定で変更になることがあります

時間割

普通科ベーシックの時間割例です。
進路に向けた基盤をつくる授業編成となっています。

1年次(例)

1年次(例)

※時間割は予定で変更になることがあります

メッセージ

F高の普通科ベーシックに興味がある
中学生のみなさんに向けて、
先生に話を聞いてみました。

佐々木 亮 先生

どの進路にも対応できるカリキュラム

2年からのセレクト・プログラムで生徒一人一人がさまざまな目標に向けて努力する基礎をつくるのが、1年の普通科ベーシックです。入学した時の希望が選択する際に変わっても対応できるよう、基礎科目をしっかり学習するカリキュラムを編成。選択肢を含めて視野を広げ、後悔のないプログラム選択をサポートします。

佐々木 亮 先生