H30年度食物科3年 春の料理展開催

5月24日(木)、食物科3年生の5月の恒例行事である「春の料理展」が開かれました。本校専任教諭三國先生の指導下で、和食・洋食・中華の3部門に分かれてのコンクールです。3年生はこの日に向けて早くから準備をし、当日も朝早くから登校してこれまで学んできた知識や技術を生かして作品調理に向かいました。
今年度は洋食部門に並んで和食部門の出品も多くありました。が、全体的に準備不足なのか、手間暇かけてのこれぞといった力の入った作品がやや少なかった様に思えました。
当日は特別講師の先生の他、食物科OBの皆さん、釧路からも駆けつけていただいたOBの方もおり、また多くの保護者や町内会の方も見えられ、審査と試食が行なわれました。
審査結果は、日本料理部門 1位 末田さん「春色」、2位 朝長さん「春の一大事」、3位 木村さん「春和景明」、元田君「煉獄の炎」。西洋料理部門 1位 太田綾さん「Cherry blossom」、2位 照井さん「Spring Sonata」、3位 小野田君「無唱題合」。中国料理部門 1位 匂坂さん「春夏 」。2位 塚原君「茹青炒杏」
皆のどの作品も素晴らしく、来年1月の卒業料理展での作品が今から楽しみです。

01P1140320 02P1140316
03P1140323 04P1140325
05P1140321 06
07DSCN6232 07DSCN6475
08P1140336 09P1140332
10P1140333 11P1140341
12P1140348/td> 13P1140347
14P1140346 15P1140349
 日本料理部門 1位 末田さん『 春 色 』 日1末田「春色」
  2位 朝長さん『春の一大事』 日2朝長「春の一大事」
  3位 木村さん『春和景明』 日3木村「春和景明」
  3位 元田君『煉獄の炎』 日3元田「煉獄の炎」
西1太田綾「Cherry blossom」 西洋料理部門 1位 太田綾さん『Cherry blossom』
西2照井「Spring Sonata」   2位 照井さん『Spring Sonata』
西3位小野田「無唱題合」   3位 小野田君『無唱題合』
 中国料理部門 1位 匂坂さん『 春 夏 』 中1匂坂「春夏」
  2位 塚原君『茹青炒杏』 中2塚原「茹青炒杏」

食物科1年調理実習 和食(かつらむき、豆乳卵蒸し他)

5月22日(火)、調理実習が始まってまだ間もない1年生ですが、本校特別講師である料亭「さっぽろ川甚本店」料理長本間勇司先生の指導のもと、初めての日本料理の実習がありました。メニューは大根の桂むきを使った大根サラダ、豆乳茶碗蒸し、茄子の揚げ出し、そして土鍋ご飯。本間先生の軽妙かつ判りやすい、そして所々に料理の際の立ち姿勢の重要性やショウガおろしの際の工夫とか茶碗蒸しでの蒸し時間やその他等、プロの料理のコツを交えての説明があり、生徒たちは真剣にメモを取っていました。
が…、実際の調理の場面では、まだ慣れない包丁を使って悪戦苦闘しながら桂むきをするその姿は、肩にも力が入って、まさに食材に挑んでいるようでした。
なお、講師の本間先生は全国日本料理コンクールで1位を獲得するなどの北海道を代表する和食料理人ですが、先生から生徒たちに対して、調理法のみならず、なぜに「箸」、「包丁」、「茶碗」というんだろうか?等、日本文化に関わっての課題も出されていました。

1P1140212 2P1140213
3P1140238 4P1140256
5P1140266
   本間先生の見本 6P1140258
7P1140268 8P1140272
9P1140275 10P1140281
11P1140284 P1140274
P1140276 P1140277
P1140280 P1140288

H30年度高体連壮行会が開かれる

5月18日(金)の午後、高体連の壮行会が行なわれました。当初の年間行事計画では5月25日の生徒総会後に予定されていましたが、男子サッカーの試合が21日(月)から始まることもあり、日程を変更して実施しました。男子バスケット部、男子サッカー部、女子サッカー部、女子バレーボール部の各キャプテンからそれぞれ力強い決意表明があり、さらに個人参加の相撲部中村君からも決意表明がありました。校長先生が外勤で不在のため、生徒会長からの激励の言葉と教頭先生のエールで壮行会を終えました。

 

DSCN6177 DSCN6181
DSCN6184 DSCN6185

食物科3年調理実習 中国(四川)料理

5月17日(木)、食物科3年生が中華料理1回目の調理実習として、本校特別講師の札幌ガーデンパレス「赤坂 四川飯店」料理長 安藤勝広先生の指導のもとに初めて四川料理での調理実習を行ないました。
当日のメニューは糖醋蝦仁(タンツウシャーレヌ/海老の衣揚げ甘酢ソース)と水煮牛排肉(スイヂュウニュウバイルウ/四川式牛ヒレ肉の煮込み)でした。
卵白を使っての海老の衣の揚げ方や水溶き片栗粉の使い方、油の温度など、プロならではのコツ等について説明、実演があり、皆、真剣に聴き、メモを取っていました。実習では、牛ヒレ煮込みに入れる人参の飾り切りにとても苦労していたようでした。また下茹でから味付けにいたるまで、人参等、食材の大きさを揃えることの重要性も改めて実感させられたようでした。
なお安藤先生は、四川料理の父といわれる陳建民氏とそのお子さんの陳建一氏より四川料理の極意を学び、中国料理世界大会での銅賞や北海道知事賞産業貢献賞を受賞するなどし、2016年から公益社団法人日本中国料理協会北海道地区本部長に就任している北海道を代表する中華の達人です。

1DSCN6100 2DSCN6108
3DSCN6115 4DSCN6117
    安藤先生による見本 5DSCN6128anndousakuhin
6DSCN6131 7DSCN6134
8DSCN6144 9DSCN6151
10DSCN6165
   2斑の作品 11DSCN61722han

高大連携1年生「HBUを知ろう」(1)キャンパス見学会実施

5月15日(火)、昨年に引続き、北海道文教大学との高大連携にともなうHBU進学プログラムの一環の1年生での最初の高大連携の取り組みとして、大学ってどんなところ?どんなことを学ぶところ?というような、「大学」を知るための、とくに併設校である北海道文教大学ってどのような大学?ということを知るキャンパス見学会が行なわれました。
当日は、高校からチャーターバスで大学到着後、まず学生食堂でチーズインハンバーグ、海老フライ等の学食体験。学食に居合わせた先輩たちからは「結構豪勢なランチね」と羨ましがられていました。その後、鶴岡記念講堂に場所を移し、渡部学長からのご挨拶、入試広報の新田部長からの入試ガイダンス、そして本校の先輩による学科の紹介と先輩とのディスカッションがありました。国際言語、子ども発達、健康栄養、看護の4学科から5名の先輩が講義の合間をぬって来てくれ、大学で学ぶことや学科について、入試に向けての取り組みのあり方について等々、様々なお話がありました。そして最後にクラス毎でキャンパスツアーを行ないました。
参加後の「見学会レポート」での感想では、先輩からの話がよかった、文教大学について理解を深められた、より興味が深まった、4年制の良さがわかった、楽しかった等々や自分の進路についてもっと積極的に考えなければならないと感じた等、前向きの感想ばかりでした。11月1日には講座体験等の2回目の「文教大学を知ろう」が予定されています。
なお、2年生は7月末にHBU進学プログラムの一環での出前講義と大学でのスクーリング、3年生も6月に文教大学進学希望者対象の出前講義とスクーリング、さらにその後、いくつかの講座が予定されています。

1DSCN5982 2DSCN5988
3DSCN5998 4DSCN6000
5DSCN6014 5DSCN6019
6DSCN6028 7DSCN6031
8DSCN6042 9DSCN6045
10DSCN6048 11DSCN6050
12DSCN6051 13DSCN6052
14DSCN6059 15DSCN6066
16DSCN6067 17DSCN6076
18DSCN6079 19DSCN6087
20DSCN6091

5/10・11 教科内研究授業充実の実践  H30年度授業研究月間(5/8~6/29)

5月8日(火)~6月29日(金)までの36日間、今年度は教務部実践目標の1つの「教科内連携の充実」と授業力向上にむけて、教科内研究授業と教科会議の充実、実践を第1目標に進めることになりました。
早速、5月10日(木)の4校時目、1年2組での有野先生の数学Ⅰの授業、翌11日(金)の4校時目の江藤先生の3年1組人文コース英語表現の授業研究が行なわれ、それぞれの教科の先生の他、他教科の先生も参観しました。
なお、5月23日(水)2・3校時目は三國先生の2年3組調理実習、4校時目に山口敏先生の1年1組物理基礎、6月20日(水)5校時目に仲先生の2年2組政治経済の授業研究が予定されています。

数学 有野先生 1P1140189
2P1140190
英語  江藤先生 3P1140206
4P1140208

5/11 1・2年合同進路集会実施

5月11日(金)の1校時目、1・2年生合同での進路集会を行ないました。ベネッセの逢坂昌也さんを講師に「第一志望学校合格に向けて~充実した高校生活を送るために~」というタイトルで、先に行なった実力診断テスト(模試)結果についての学習到達ゾーン(GTZ)の見方を始め、進路実現に向けた意識や取り組みのあり方、その他について、生徒とのやりとりを交えながらの講話がありました。中でも、例えば、同じ授業を受けていて伸びる生徒と伸びない生徒の差についてや、成績を上げるにはどうする?などといったことなど、具体的かつ判りやすいお話しがあり、生徒たちは一生懸命、スコラ手帳にメモを取っていました。

 

P1140194 P1140197
P1140198 P1140203

ふれあい看護体験実施

5月10日(木)、2年・3年の文理選抜コース医療・理系プログラムの生徒と将来、看護系の職種に就きたいと考えている生徒の4名がキャリア学習に係る取組みの「ふれあい看護体験」参加しました。これは北海道看護協会による看護職を志望する生徒へのインターンシップで、本校の1回目の看護体験施設は中村記念南病院でした。
病院からの看護に関するお話の後、医療機器を使っての看護体験や採血などの練習に真剣に取り組みました。なお6月13日の川西内科胃腸科病院でのふれあい看護体験にも4名の生徒が参加します。

DSCN1220 DSCN1227
DSCN1248 DSCN1274

遠足 各学年、目的地別に実施

5月9日(水)、昨年に引続き、各学年毎に遠足目的に応じた目的地での遠足を実施しました。1年生は滝野すずらん丘陵公園までの徒歩での遠足、2年生は修学旅行での自主研修を踏まえての小樽水族館と小樽市内へのバス遠足、3年生はルスツリゾートへのバス遠足でした。
当日は、小樽やルスツはやや肌寒い天気でしたが、滝野はうっすらとした曇天で歩くには気持ちよい天気でした。それでも各学年、十分に楽しめたようです。とくに1年生は、真駒内中央公園から滝野すずらん公園までの片道12㎞をしっかり歩きました。

   1年生 滝野 11DSCF9228
12DSCF9235 13DSCF9240
14DSCF9243 15DSCF9244
16DSCF9246
 3年生  ルスツ IMG_4255
IMG_4258 IMG_4263
IMG_4270 IMG_4301
IMG_4310 IMG_4334
IMG_4317

30年度 授業参観およびPTA総会・学年会開催

5月1日(火)、午後から平成30年度のPTA総会が開かれました。
午前中には授業参観が行なわれたのですが、平日にもかかわらず40名以上の保護者の方々が来校され、1学年の各教室や食物科3年生の集団給食実習の調理室などは特に多くの保護者の方々の参観がありました。
午後からのPTA総会前には、会場の視聴覚室で食物科3年生が作った幕の内弁当の試食が行なわれ、担当生徒からの料理説明もありました。
その後、13時30分から視聴覚室で30年度のPTA総会が開かれました。平澤会長の議事進行の下、会務報告と会務計画、そして29年度決算と30年度予算、新役員人事といった全ての議案が承認され、学校からの進路行事や学校祭についてのお知らせがあり、最後に校長先生から鶴岡学園「教育100年ビジョン」に基づく高校の恵庭キャンパス移転について説明がありました。
引続き、会場を2階の1学年教室に変えて学年団を交えてのPTA学年会が開かれ、和気あいあいの雰囲気のなか終了しました。

01P1140141 02P1140150
03P1140142 04P1140144
05P1140149 06P1140152
07P1140160 08P1140167
09P1140170 10P1140179
11P1140180 12P1140183
13P1140184