納入金について

入学時に必要な費用(予定)

入学金100,000円
諸団体費生徒会入会金1,200円
同窓会入会金2,000円
PTA入会金2,000円
合計105,200円

※ 変更があれば早急に中学校へ連絡します。

納入の方法

入学金は【ゆうちょ銀行振込】となります。

入学に関しては、入学金100,000円と諸団体入会金を「振込取扱票」により下記の期間内に振り込んでください。

 

納入期間

推薦・単願入試令和2年1月27日(月)~2月4日(火)16:00まで
一 般 入 学令和2年2月28日(金)~3月23日(月)16:00まで

※入学金納入後に入学を辞退した場合は、諸団体入会金のみの返還となります。


毎月の授業料等(予定)

授業料等基本月額
普通科食物科
授業料33,300円授業料33,300円
実習費3,000円
合 計33,300円合 計36,300円

納入方法

授業料は【口座振替】となります。

  • 振替開始は4月からになります。
  • 変更があれば早急に中学へ連絡します。

授業料の負担軽減について

国では、年収590万円未満世帯を対象とした私立高校の授業料の実質無償化を2020年度4月から実施予定であり、現在、実現に向けた検討が進められています。


  1. 就学支援金
  2. 高等学校等就学支援金は、家庭の状況にかかわらず、高校生などが安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、国の費用により、授業料に充てるために支給されるものです。就学支援金の額は家庭の収入によって異なります。2019年度は年収910万円程度未満の世帯に月額9,900円から24,750円が支給されており、2020年度からは年収目安が約590万円未満世帯の生徒を対象に上限額が引き上げられる予定です。
    ※所得確認の基準は、地方税法の規定による道府県民税の所得割額と市町村民税の所得割額とを合算した額により判断されます。

  3. 私立高等学校授業料軽減補助
  4. 経済的理由により修学困難な私立高校生に対し、学校が授業料を軽減したときに、学校に対し道が補助するものです。年収350万円程度未満の世帯の授業料が月額5,250円(普通科)・6,500円(食物科)から7,000円軽減されています。2020年度からは就学支援金の支給額引き上げにともない、金額等の変更が行われる予定です。
    ※所得確認の基準は、地方税法の規定による道府県民税の所得割額と市町村民税の所得割額とを合算した額により判断されます。

上記以外の諸経費(予定)

1年次教育充実費(50,000円)、教材費(39,000円)、生徒会費(12,000円)、
生徒行事費(2,000円)、図書費(1,500円)、心電図検査(1,080円)、
PTA会費(6,000円)、体育文化後援会費(13,200円)、模擬試験等(実費)
総額約155,000円
2年次教育充実費(50,000円)、教材費(30,000円)、生徒会費(12,000円)、
生徒行事費(2,000円)、図書費(1,500円)、PTA会費(6,000円)、
体育文化後援会費(13,200円)、模擬試験等(実費)
総額約145,000円
3年次教育充実費(50,000円)、教材費(30,000円)、生徒会費(12,000円)、
生徒行事費(2,000円)、図書費(1,500円)、PTA会費(6,000円)、
体育文化後援会費(13,200円)、模擬試験等(実費)
総額約145,000円

※上記の金額を指定月(4月~2月)の授業料等納入時にお納めいただきます。
 各月の納入金額(目安):1年次…4・9月が約25,000円、5月が約30,000円、2月が約15,000円、その他の月が約8,900円。
 各月の納入金額(目安):2・3年次…4・9月が約23,000円、5月が約29,000円、2月が約15,000円、その他の月が約8,000円。

※上記の他、食物科2年次のみ、総合調理実習食材費として、別途月額1,500円をお納めいただきます。