学校概要

学校長ごあいさつ

準備中

F高の教育

建学の精神

「清正進実」

学訓

「清く正しく雄々しく進め」

スクール・ミッション

  • 1 自ら学び、知識・技術を活用することができる生徒の育成
  • 2 礼儀正しく、人や物に感謝できる生徒の育成
  • 3 夢への挑戦を諦めず、努力し続けることができる生徒の育成
  • 4 心身たくましく、笑顔忘れずに行動できる生徒の育成

スクール・ポリシー

教育目標

  • 1 明るい個性と豊かな知性に基づく創造力をもった人間の育成を図る。
  • 2 清楚・高潔で慈愛に満ちた思いやりのある人間の育成を図る。
  • 3 崇高な思想と強固な意志をもった人間の育成を図る。
  • 4 心身ともに健康で奉仕と勤労を尊ぶ心をもった人間の育成を図る。

教育目標の実現のために
育成を図る資質・能力

  • 1 学業と課外活動に励み、その経験を集団の中で活用する力
  • 2 他者や自身の価値観を大切にし、協調の精神を育み深めようとする力
  • 3 目標に対して常に前向きであり続け、夢について考え、その実現に向けて努力できる力
  • 4 心身の健康の保持や向上に努め、地域や社会に貢献しようとする意欲

教育課程の編成及び実施に関する方針

  • 1 1学年におけるベーシックでは基礎学力と学習習慣を定着させ、2学年からは多様なプログラムを設定し、希望する進路の実現を図る。
  • 2 総合的な探究の時間を核として、課題の発見や、課題解決にあたる諸活動を通じて、SDGsや教科横断型の学びを推進する。
  • 3 生徒会活動をはじめとする特別活動や部活動を大切にして、学力向上と人間形成をバランスよく育成する。

本校を志望して欲しい生徒像(入学者の受け入れに関する方針)

  • 1 学習と課外活動の両立に努め、自ら成長しようとする姿勢をもつ生徒
  • 2 明確で具体的な進路目標を考え抜こうとし、その実現に向けて主体的に取り組むことのできる生徒
  • 3 素直さと謙虚さを備え、仲間を尊重し協働できる生徒

沿革の大要

昭和34年の開校から現在に至るまで、
F高の歩みを紹介します。

校章

校章

令和3年4月1日制定

校章の中心には、学問の象徴である万年筆が3本描かれ、こども園・高等学校・大学の連携した教育が、未来へ向かってそれぞれに伸びていく鶴岡学園の様子を表わしています。その間には、『北海道文教大学附属高等学校』のHokkaidoの「H」とBunkyoの「B」、そして、高等学校の「高」が配置されています。また、その様子を温かく見守る二羽の「鶴」は、鶴岡学園の創始者、鶴岡新太郎、トシ御夫妻を表現し、鶴が生き生きと飛翔する姿は、建学の精神「清正進実」(清く正しく実を学び雄々しく進め)を描写しています。

校章は商標登録済みです。

校歌

校名変更と校舎移転を機に、
これまでの歴史とこれまでの思いを込めた
校歌に生まれ変わりました。

アクセス

JR札幌駅からJR恵庭駅(快速エアポート/約24分・普通列車/約33分)下車
徒歩約15分
住所/恵庭市黄金中央5丁目207番11